エコロジー

2023年6月9日政府は「夏季の省エネルギーの取組について」を決定しました。今年の7月、8月の電力需要の見通しではすべてのエリアで安定供給に必要な電力の予備率は3%を上回りましたが、7月の東京エリアは3.1%と厳しく無理のない範囲での節電を呼びかけています。

電力の予備率とは?東京エリアの3.1%はギリギリの値

電力の予備率とは、電力需要に対して供給余力の余裕がどの程度あるかを示したものです。 電力の需要は3%程度のぶれがあることから、安定供給には予備率3%が最低限必要とされています。

東京エリアの7月の予備率が3.1%であることから、供給に余裕がないことがわかります。ですが、あくまで「無理のない範囲での節電」を呼びかけていますので、熱中症に注意して適切にエアコン、空調設備を利用しましょう。

節電、熱中症対策に関しては以下の記事もご参考ください。

環境
熱中症対策
暑さ指数(WBGT)とは?暑い季節に気を付けたい熱中症対策に活用しよう!
環境
⼀般的なオフィスビルにおける⽤途別電⼒消費⽐率(17時)
会社の電気代を節約したい!すぐに試せる節電対策をご紹介!

参考:「夏季の省エネルギーの取組について」を決定しました (METI/経済産業省)
参考:電力需給状況|資源エネルギー庁 (meti.go.jp)

関連製品

CO2濃度測定システム hazaview
二酸化炭素濃度測定システム hazaview

Follow me!