株式会社TERADA.LENON(テラダレノン) ICカード連携型クリッカー「LENON」を通じて、アクティブラーニングを支援します。

お問い合わせは メール または 042-795-1701


               お知らせ

     平成30年度私立大学補助金予算(案)が発表されました。

     詳しくは文部科学省の発表資料


     ハンディ型クリッカーの配布/回収に便利な専用収容ケース
     できました。1ケースで100台のクリッカーを管理できます。

     

     クリッカーを使ったFD全般に対するご相談・お悩みがござい
     ましたら是非お声をお聞かせください。
     事例ご紹介、講師ご紹介、機器無償貸出などお役立て頂ければ
     幸いです。

アクティブラーニング支援システム
「LENON」&「LENONクラウド」 

アクティブラーニングをクリッカーを使ってストレスなく効果的におこなうシステムです。

クリッカーは、ICカード連携型とハンディ型の2種類があり、運用形態やご予算に合わせた構成が可能です。

どこに座っている学生が、
どう理解しているか

LENONは、「1:N」だけでなく、「1:1」での双方向システムです。

誰がどのような回答をしているか、どの程度理解しているかを、教室を模したレイアウト画面で常に把握。
学生の名前、顔、プロフィールを画面上で確認して問い掛けをすることも可能です。

ICカード連携型クリッカー使用イメージ
ICカード連携型では
学生カードを端末に置くだけ
クリッカー ハンディ型
ハンディ型では
回答端末の所有者をあらかじめ指定することで氏名を表示します
  着席位置を学生に指定すれば、着席位置に氏名を表示します


出題と回答収集を
ストレスなく実現

簡単な設問からマークシート型の複雑な設問まで、ストレスなく出題~回答集計をおこない、理解度や意識をその場で把握。
出題の都度、設問ナンバーを学生に入力させる必要はありません。


理解、意識はどう変わった
かを講義内で把握

設問を2回以上出題し、比較グラフで確認。

授業評価機能を併用すれば定量的な分析が可能です。


解説をもう一度
してもらいたい

より詳しく解説をしてもらいたいとき、端末の専用ボタンを押して意思表示。講師画面にインジケータ表示されますので、理解不足のまま講義終了するリスクを低減します。


授業態度を記録
して講義を改善

学生の授業態度を個人のプロフィールウインドウに講義中に記録。積極的/消極的態度の記録を活用して講義の改善につなげることができます。


反転授業への応用

講義開始直後に予習の成果をミニテストで把握。
ポストテストも実施し、プレ/ポスト比較機能を使えば、反転授業の効果を確認することができます。


周辺アプリケーション

試験・アンケート事前作成のExaMaker

LENONによるTBL

IRATとGRATを一貫しておこなえる
TBL専用機能
グループ回答は、プラカード方式、スクラッチ方式に対応

IRAT・GRATの出題、それら回答の比較を講義中にグラフや表で確認できる機能など、講師やファシリテーターの負担を減らしつつ楽しくTBLをおこなえます。
使用するクリッカーはICカード連携型またはハンディ型(TYPE-TⅡ)です。

講師画面

IRAT・GRATの回答をグラフや表で確認する講師画面

学生画面

IRAT・GRATの回答をグラフや表で確認する学生画面

LENONによる授業評価

各講義ごとの授業評価をマークシートレスでおこなえます

従来の学期末だけにとる方法では改善のタイミングを逃しかねず、各講義ごとの授業評価は必須になりつつあります。

LENONは、期末のほか、講義ごとに自動または任意にアンケートができ、いずれも講義中に自動集計しますから教員やスタッフの負担を軽減し、マークシート関連コストを省くことができます。
使用するクリッカーはICカード連携型またはハンディ型(TYPE-TⅡ)です。

講師画面

授業評価アンケートの講師画面

学生画面

授業評価アンケートの学生画面

LENONによる出欠席取得

学生・受講者の出席状況をリアルタイムに収集

回遊紙への記入や出入口での学生証の読み取りに比べ、より精度の高い出席状況が得られます。

講義中は、教室を模した座席レイアウト画面上に個々の学生名を表示し、講義終了時には出欠席データが生成されます。
既存の他社製教務システムとの連携も可能です。

ICカード連携型システムによる出欠席取得

学生・受講者の出席状況をICカードから取得
・回答端末は机に固定します
・学生マスタと照合して、着席位置に氏名を表示します

ハンディ型システムによる出欠席取得

ハンディ型クリッカーの回答端末
・回答端末の所有者をあらかじめ指定することで氏名を表示します
・着席位置を学生に指定すれば、着席位置に氏名を表示します
 

設問作成ソフトウエア ExaMaker 品番:LES-7001

LENONソフトウエアおよびLENON pinoソフトウエアでの出題文・質問文を作成するためのデータベース型アプリケーションです。
PowerPointスライドなどの静止画像取込、選択肢数、配点、回答締切時間の設定をはじめ豊富な機能があります。

基本機能
ローカル使用スタンドアロンPCに実行プログラムをインストールしてご使用ください。データベースも同時にインストールされます。
ネットワーク環境下での使用作成した設問やアンケートをファイルサーバに保存して、教室のLENON PCから呼び出すことができます。
対応OSWindows7、Windows8.1、Windows10
Mac OS v10.6-10.12
設問主な機能
問題数選択肢正解設定※配点設定単数選択/複数選択
試験問題最大50問
(解説ページ 最大50頁)
2~10
一般アンケート最大50問2~10

※ スクラッチ形式の正解設定も作成できます。